現場ブログ

ほぼ毎日更新してます!

学園町のリノベーション

初回プレゼン

by 小川 賢二


初回のプレゼンをさせて頂きました。
リノベーション案と新築案の2つをご提案してきました。

クライアントからもご意見頂きましたが、
リノベーション案では、既設の柱や壁の位置を極力守りたいのもあって、
どうしても間取りの自由さが制約されてしまいます。
それに比べて新築案では、希望する内容を詰め込む事ができます。

ですが、コストや工期の面では、リノベーション案の方が有利。

やりたい事と、その重要度、それにお金。
そのバランスをご検討頂いて、今後の方針が固まっていくと思います。

さて、プレゼンを行った既設建物の応接間には、
大きな本棚があり、事典や図鑑、歴史書や美術書、
歴史的仮名遣いで描かれた古い漫画等、
書籍がビッシリと並んでいます。
頻繁に手に取る物ばかりではないと思いますが、
会話の中で、クライアントにとって思い出の深いコレクションだろうなと
お見受けしました。

リノベーションでも新築でも、家事の利便性や、生活のしやすさ等を
向上させるというのは当然ですが。
今まで積み上げてきた歴史や思いの様な物を、
うまく新しい生活に引き継いでいくというのも大事かも。

大量の書籍の仕舞い方、ひとつ今後のポイントになるかもなぁ、
とぼんやり思ふ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問合わせ

建築 設計に関する質問・ご相談、オープンハウス・参考資料をご希望の方は、お気軽にお問合せください。

お問合わせメールフォーム
お電話でも受付けております。058-232-2903

PAGETOP