株式会社 向井建築事務所

完成した物件

WORKS

Lodge

■完成
1999
■所在地
各務原 VRテクノジャパン内
■面積
415.52㎡ (125.69t)

■地形の連続性

尾根の連続性はフラクタルな図形として計画地とつながり、テクノプラザとの連続性を意識する事ができます。
この連続性は形態だけでなく、土地の過去の記憶、地形の記憶としても存在していきます。
このフラクタルな図形を建築計画上の基本形態とし、尾根の連続性を確保すると共に、ランドスケープとの調和を可能にしています。

■情報の連続性

これらの連続性は地形、建築形態に止まらず、情報の連続性を強く意識したものであり、デジタルデータが「VRテクノジャパン」内を時空間を越えて飛び交い、その先の全世界へと連続していく、情報の連続性をイメージしています。

店舗等  鉄筋コンクリート造・鉄骨造  岐阜県

Return to Home

PAGETOP