岐阜で住宅・店舗設計やリフォーム・リノベーションなら向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

オワリアサヒの平屋

金物で補強

by 内藤和揮

建方が完了し、仕口、接合部分の補強金物の取付けが行われています。

現段階では梁と小梁、柱と梁の補強まで完了。
耐力壁や火打ち金物、雲筋交い、方杖と言った
建物をより丈夫にするための補強を今後行っていきます。

最後に金物全部を追い締めと言って
もう一度、締めてもらい金物取付けが完了します。

祝上棟

by 内藤和揮

梅雨の晴れ間。
午前7:30、クライアントと関係者が集まり
安全祈願のお神酒を頂き、建方がスタート。

始めに柱を建て、梁、屋根材へと進んでいきます。
今回、注目すべき点はプレカットの打合せで
検討を重ねたロフトの架構。

梁の高さが層ごとに違い、組み上げる順番が重要です。
ベテラン監督さん、棟梁さんのテキパキした指示で
スムーズに組み上げることが出来ました。
最後は雨養生も完了し、上棟完了です。

監督さん、大工の皆さん、30℃を超える蒸し暑さのなかお疲れ様でした。
今夜のビールは、最高だと思います。

迷う

by 内藤和揮

定例会議に行って来ました。
上棟を来週24日に控え、サッシ、屋根、壁等、色の検討中。

何度もガルバと塗装見本帳を照らし合わせながら悩みます。
悩みと言っても、楽しみながら迷う感じで
家づくりの醍醐味の一つです。

上棟の日は、7時40分に現場集合。
家を出るのは6時半、長い一日になりそうです。

初モノ

by 内藤和揮

VE時、取止めになった、外周廻りの壁を再検討しています。
コストを抑えながら、プライバシーを守る壁を作るミッション。
既設コンクリート擁壁を利用し、その上に鉄骨とパネルで
壁を作る「グランドアートウォール」という初モノを検討中。

この初モノ、鉄骨とパネルで自重が軽い為
基礎が軽く済む、既設壁の上に建てられる等で
お値打ちに壁が出来る訳で、使えそうな感じです。

プレカット打合

by 内藤和揮

プレカットは木造の主要な柱や梁材を工場で
予め機械加工することを言います。

壁がナナメにぶつかる部分は、グラフィックで説明。

色々と説明させて頂き、最終的には梁材を大きくし
組み方を変更することで、より丈夫な木構造になりました。

打合せ時間2時間半。
充実したプレカット打合せが出来ました。

PAGETOP