株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

オワリアサヒの平屋

TV廻り

by 内藤和揮

基本設計から暮し方についてクライアントと
意見交換をしながら設計を進めて参りました。

例えば、リビングのTVは壁に掛け、ブルーレイ等は
少し離れた処に集約することで、TV廻りをスッキリした
インテリアになりました。

ブルーがTV、黄色がAV機器の収納部分になります。
ひと手間かかりますが、配線等を駆使することで
毎日毎晩見るTVの壁面が綺麗になりました。

図面まとめも大詰めです。

ロフトの詳細設計

by 内藤和揮

以前に紹介しましたロフトの詳細設計を進めています。
ロフト床、極力シンプルで薄い床を目指して
構造計算でたわみを確認しながら、鉄骨梁のメンバーを検討。

デザイン表現に正解は無く、常により良くなるように
模索し続ける事が大切だと感じます。
自分が住む家だったら、こうしたい!と思いながら設計を進めています。

地盤調査から

by 内藤和揮

「オワリアサヒの平屋」の敷地は、山の造成地になります。
山の造成地の地盤は、地山で切土部分は固く、盛土部分は軟弱な場合が
予想され、地盤に依っては基礎設計に影響が出ます。

建物直下5ヶ所を地盤調査した結果は、盛土部分は少なく
浅いところに固い地盤があり、この部分の表層地盤改良でベタ基礎下に
支持層をしっかり造れそうです。
地盤が良かった事で、財布に優しい基礎設計になりそうで良かったです。

年内最終打合せ

by 内藤和揮

8月から2.3週間に一度のペースで打合せをさせて頂き
年内最終打合せをさせて頂きました。

この5ヶ月の間に、1/100平面で間取り等、住宅の骨格が決り
今回の打合せまでで、意匠、設備関係等、生活に必要な機能が
ほぼまとまりました。

打合せ途中、奥様からおやつのチョコを頂き、ティーブレイクしながら
和やかな雰囲気のまま今年の打合せを終えました。
クライアントの拘りが多かった分、我々も前のめり的に対峙できたかなと
思っております。この調子で来年も宜しくお願い致します。
それでは、よいお年を。

断熱スペック

by 内藤和揮

弊社では、省エネルギー基準、断熱等級4のスペックで設計します。
屋根、壁は、現場発泡ウレタン、床下はボード材の断熱材
そして、天井裏に雨音等を止める為にグラスウールを入れ
居室内、4面は断熱材で覆われた状態にします。

(中庭のある平屋より抜粋)
ビジュアル的にはこんな感じです。
この断熱スペックで、次世代住宅ポイントを取得することもでき
(今回は耐震でポイントを取得)
家電購入等にご利用ができます。
お得感あるエコポイントです。

PAGETOP