株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

大野町の平屋

アートなパテ。

by 向井 一比古

現場は、仕上げ下地を造る作業、通称「パテ」が進んでいます。

タテ・ヨコの白いラインと点々の白い丸が、アートな雰囲気でしょ?
プラスターボードのジョイントと、ビスの跡を隠す為の作業なんですが、
カワイイ感じになってます。

この後、壁仕上げの塗装工程に入ると、白く綺麗に仕上ります。
001 002

現場の途中の風景ですが、こんなアートな仕上げもありかなと思ったパテ工程でした。

百聞は一見にしかず。

by 向井 一比古

「何度くり返し聞いても、一度でも実際に見ることには及ばない」と言うことで
クライアント、現場監督の佐野さんに、正木の家Openhouseに来て頂きました。

001
仕上りの質感や、照明の感じ等、これから打合せさせて頂く部分を中心に
こんな感じになります的なご説明を多くさせて頂きました。
クライアントのイメージも深まったようで、有意義なOpenhouseでした。

大野町の家も来週には、足場が外れて、外観をご紹介出来ると思います。
ジャンプ台のように長い方流れの屋根は、迫力あると思いますので、
お楽しみに。

外壁塗装

by 向井 一比古

現場では、外壁塗装の真最中。

パテでビスの穴を埋めて、養生をしっかりして、下塗りから吹いていきます。
いつも、色を塗るより、養生をする方が大変だなと思います。

001
2回塗り終ると完成です。
002
養生も取れて、綺麗に仕上りました。

外壁色は、ベージュと濃茶色の組合せ。
外壁検査をさせて頂き、その後、足場が外れます。楽しみですね。

台風の最中の定例。

by 向井 一比古

今日は、よく降りましたね。
長良川も増水で、川幅が普段の3倍くらいでした。

小さい頃、グランドホテルの裏に住んでいて、
長良川が増水すると、妙にワクワクしながら、おじいさんとよく見に行きました。
最大の時は、グランドホテルの前の堤防のすぐ下まで、水がきてたのを思い出します。

001
そんな台風にも負けず定例です。
こういう激しい雨の時にこそ、雨漏れがないかとか?
庇の深さは良かったかな?とか確認できます。
1ヶ所、換気扇のダクトから水が入っていたので、すかさずチェック。

写真は、キッチンの位置関係を決めています。
本当に図面通りでいいのー?と自問自答しながら、クライアントへも再確認。

再確認の成果ありで、設計時より、より良くなった定例会議でした。
台風のなか集まった、ご褒美やね。

小屋裏書斎。

by 向井 一比古

大野町の平屋、順調に進んでおります。
平屋ですが、屋根の一番高い処を利用して、小屋裏のスペースに書斎があります。

当初、要望の中にあった書斎ですが、設計段階で面積的に厳しく
一度は、無くなりましたが、小屋裏だったら取れるかもという事で、
小屋裏書斎になりました。
001
小屋裏書斎で仕事を進めて下さってる大工さん。

わたくしもそうですが、男子、幾つになっても自分だけのスペースが
欲しいんですよねー
何をする訳でもなく、なんとなく基地が欲しいみたいな。

小屋裏書斎、いい基地になりそうです。

 

PAGETOP