株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

オブサ1.5世帯の家

コテパターン。

by 向井 一比古

住宅の入口である玄関、一般的には、この玄関で宅急便屋さん等、
家に上がらない方々の対応をします。
その玄関は、住宅の顔という事で、坪庭が見えたり
間接照明で演出したり、壁一面の表情を変えたり
人を迎えるしつらえを凝らします。

今回は、壁一面の色とパターンを変えようと言う事で現場で
職人さんとお話ししながらコテパターンを決め。

照明効果で爽やかの無い写真ですが、塗材のコテパターンを検討し
綺麗過ぎず、汚すぎず、ヘタウマ的な表情になる様、お願いしました。
奥様の「かわいいい!」のひと言で合格を頂きました。


緊急ミーティング。

by 向井 一比古

山下君、サッシ屋さんに来て頂き、緊急ミーティング。

一昨日の定例会議で、決めた門扉の高さ1.5mがどうしても気になり
製作工程に入る前に、もう一度打合せです。
当初は、取り合う壁と同じ高さを理由に、1.5mとしましたが
塀と同じ高さに囚われる必要無いなと考え、1.8mに変更させて頂きました。

一度決めた事を、またやり直すのは、非常に心苦しく言い難いのですが
それより、後悔先に立たずという事で、ご無理をお願いしました。
製作前で変更でき良かったです。


アプローチ。

by 向井 一比古

足場が外れ、建物全景がお目見え。

大屋根の深い軒を見上げながら、玄関に入っていく
アプローチの見え方。
左右の鉄筋は、来週にはコンクリート塀になり
その後は、インターホン、門扉等が付き、私的は玄関と公の道路を
接続するアプローチらしい表情を造り出します。

深く大きい軒は、存在感あります。

ルーバー天井。

by 向井 一比古

大工さんのお仕事も下地造りから
仕上を施工する工程になってきました。

リビングのテレビが設置される壁を見てるアングルです。
リビング天井は、一般天井高2400より30㎝高い2700の高さで
仕上は、レッドシダー材の3㎝角を並べたルーバー天井です。
廻りの壁・天井が白く仕上がると、白と木の色のコントラストが
より一層綺麗に見えると思います。

来週から4月。
現場も仕上工程に入り、どんどん変わっていきます。

樹木選び。

by 向井 一比古

昨日、クライアントとお庭に入れる樹木を選びに
稲沢の植栽屋さんに行って来ました。

敷地の何処に入れるかを考えながら
タイサンボク、アオダモ、オリーブ、ソヨゴ、ヤマボウシ・・
色々な樹木を見させて頂きました。

出来る限り自然な雰囲気のお庭にしたいとのご意向。
来週の定例時に、造園屋さんのご意見を聞きながら
選んだ樹木が引き立つよう庭の全体イメージを造っていきます。

PAGETOP