株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

オブサ1.5世帯の家

プレカット打合せ。

by 向井 一比古

プレカット打合せは、木造の構造材、木材の組み方
最終寸法等を決めながら、より良くする為の
改善の打合せでもあります。

木材を加工して頂くプレカット屋さん、現場監督さんと
久し振りに会長と親子で打合せです。

建物を丈夫にする為に梁材を大きくして頂いたり
柱の位置関係を修正したり、雨に濡れないように更に庇の出を
大きくしたり・・・追加金額が発生しない範囲での
軽微な修正をお願いしました。

今日の打合せを元に木材加工が進み
11月15日頃、上棟予定です。

模型。

by 向井 一比古

設計図面は、二次元なので空間を立体的に把握する為
色や質感を確認する為にグラフィックをよく作ります。
でも、全体像を立体的に把握するには、模型が一番
判り易く、必ず模型を作ります。


オブサ1.5世帯の模型、南東の角地に建ちます。
西に親世帯の玄関、東にクライアントご夫婦の玄関があり
両世帯が共有するメインダイニング・キッチン、浴室等水回りが
中央にあるレイアウト。
食事は、みんなで楽しくして、食後のプライベートタイムは
程よい距離感を保ちながら生活するイメージの住宅です。

奥から造る。

by 向井 一比古

地鎮祭から2週間、現場が動き始めました。
最初の工事は、敷地北側に設置される
コンクリートブロック塀の工事です。

建物の基礎工事が進んでしまうと、重機関係も北側まで
行けないので、重機が近寄れるうちに塀を造ります。

写真左端には、金華山岐阜城が見えます。
岐阜城は、岐阜市内に住んでいる我々のランドマークで
遠出から帰る際、岐阜城、長良川が見えると
「帰って来た」と思える風景です。
この見慣れた風景、毎日全く同じで変化なしですが
そこに、日常の安心感を感じます。
ランドマーク岐阜城、ありがたい存在です。

祝、地鎮祭。

by 向井 一比古

事務所から程近い、長良雄総で現場がスタートです。
計画名は「オブサ1.5世帯の家」

その名の通り、ご夫婦とご子息、奥様の母上の
1.5世帯がお住みになる住宅です。
浴室、水廻りは共有しながら、世帯別玄関
世帯別のキッチンがある少し大きめの住宅です。

10月1日から毎週月曜日に定例会議を開催し
来年の5月完成を目指します。

偶然、すぐ近くで「ぶどう農家のいえ」の現場も
10月末から始まる予定。
2軒の住宅造りをボチボチお伝えしたいと思います。

PAGETOP