株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

雑想ノート

地鎮祭

by 安藤 亮介

建物を新築する際、まっさらになった現場で一番最初に行われるのが地鎮祭です

氏神様をお呼びして、工事の安全を祈願するわけですから
それなりの準備が必要になります

こちらが祭壇の様子

SONY DSC
神官さんがきれいに、しっかりと飾り付けてくれています
祭壇中央に立てられているのが神籬(ひもろぎ)、氏神様の居所です

祭壇の周りはというと、
SONY DSC
竹(忌竹:いみだけ、というそうです)を四隅に建て、しめ縄でそれらを結んで
その囲まれた部分に神様をお呼びする、のだそうです
ちなみにしめ縄から下がっているのが紙垂(しで)、

祭壇と忌竹、しめ縄があるだけでずいぶん崇高な雰囲気がでてきます
ドラゴンボールを7つ集めた後、神龍を召喚する様子が頭に浮かんできました

もちろん願い事は、ギャルのパン・・・・ではなく、建物が無事完成しますように、です

スケッチ開始

by 向井 一比古

今、わたくしの頭の中の70%くらいは、
↓この敷地にどんな住宅が建つかな~と日夜グルグルしています。

001

雄大な風景でしょ~ 池田山です。
この土地にふさわしい雰囲気は、風通しが良くて、明るく楽しいお家をイメージします。

クライアントから頂いているご要望を実現しながら、
ここにしか出来ないカタチと住まい方を模索中。グルグルとです。

月曜日に所内プレゼン。
明日の日曜日は、遊び・しごと・スケッチと充実した一日になりそうです。

見積期間中

by 渡邊 隆弘

第3弾和風の家の見積もりを各業者さんへお願いして1週間が経過しました。
2世帯住宅で、結構なヴォリュームがあるのでいくらで出てくるのか少し
ハラハラしております。

消費税も5%から8%へ増税が決定しましたしね。
まだ、来年3月末の引渡しであれば5%のままですが
こちらは間に合わずですので8%です。

来週には見積が開封され明らかになります。

さて、その前に今回79枚の設計図書で読み解きにくい所を
質疑書として各業者さん方から頂いております。
今回の傾向、注意点としては、和室の使用材料です。
貼物か?無垢か?産地も重要。
鬼瓦文鎮
見積にバラツキが出ないよう最終確認です。
質疑の数がどんだけ来るかも心配でしたが
まぁまぁ予想より少なくて一安心。
金額も予想より少ないと嬉しいですね。

PS
写真中央の5㎝角程の鬼瓦風文鎮。
宗一郎くんが瓦屋さんからもらったようです。
厳つい面ですが、かわいらしいです。ちょっとほしい...

解体完了

by 安藤 亮介

作業開始からわずか1週間、事務所すぐ近くの現場の解体が完了です

作業開始日
SONY DSC
まずは瓦をおろしていくのですが、写真中央、瓦が飛んでいます

SONY DSC
週末をはさみ、見に来たときにはすでに建物の姿はほとんどなく・・・
バラされた部材をトラックで運び出していきます

SONY DSC

そして、今日になると完全にまっさらに
解体業者さん、ご苦労様でした

 

さて、今しか見れないこの風景、
敷地の背後の駐車場と一体となり住宅地の街区を貫く空地になっています
これはこれで気持ちがいい空間です

こんな空地、「お外遊び」にうってつけですが、
もし見つかったら近所の恐いおじいさん、というか所長にド叱られるのでやめておきましょう

 

 

傷跡。

by 小川 賢二

13100201
すっ転んだわけでも、猫にバリかかれたわけでも、夫婦喧嘩したわけでもない。
週末に行われた、息子の運動会での名誉の負傷であります。

保護者競技の綱引きで、周りの方が綱を引くリズムを掴むことが出来ず、
どちらかと言うと、引きずり回され、綱で擦りむいてしまったのです。
綱って思ってたより固いんだね。でも、勝った。それだけは良かった。

テレビなんかで、順位を付けない運動会ってのを聞きますが、そこまでは行きませんが、
騎馬戦とか棒倒しとか組体操とか、激しい競技は本当になくなってるんですね。
体の大きかった僕は、有無を言わさず騎馬の馬だし、棒を支える土台だし、ピラミッドの最下層でしたが、
それなりに自分の役割にわけのわからん責任感を持って、取り組んでいたような。そうでもないような。
でも、体めちゃんこ痛かった気もするし、無くても良いのかなw

かけっこやリレーなど、走る競技ばかりで、とってもクリーンな運動会で、腕に擦り傷。
結局、痛いよね。

PAGETOP