株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

雑想ノート

オープンデスクとオープンな吹抜け

by 渡邊 隆弘

オープンデスクに来ているカトウくん
フレッシュなエネルギー(=カトウくん)が混ざると
所内の雰囲気も明るくなったようで、良い感じです。
特に、年の近い戸野部くんは、楽しそうにお世話を
してくれています。

オープンデスクの一環として、
長良川沿いのリノベーションの現場見学に
カトウくんと行ってきました。

鉄筋コンクリート造 3階建ての建物は、
3階から順に工事が進められています。
階段を上がり、2階のフロアに立った一番に
目に飛び込んでくる風景。

下階の吹抜けと長良川を望むオープンな景色。
とてつもない開放的な空間です。
とても仕上りが楽しみになってきます。
どのようになるかはお楽しみ。

お隣さん

by 戸野部雅也

三ヶ月ほど前の高校生のインターンシップから少し空き、
今週始めからカトー君がオープンデスクに来ています。
今回は二週間で模型の図面から作成までを手掛けてもらいます。
平面図を見ながら建物の高さを計算しているカトー君。

いつもはスタッフ五人が一列に並ぶ配置ですが、
六人になると一人あぶれる配置になってしまいます。
それはさすがに可哀そう。
誰が行く?と話合いの末、
まさかの僕がカトー君のお隣へ。
二年目にすぎない僕が何を教えられるのでしょうか。
後ろの先輩方から違う!と声が掛けられるのを恐れながら、
指導するこの3日間です。

写真を撮りながらふと、
自分もこんなふうに撮られたことがあったなぁと思い出しました。
あの時は隠し撮りでしたが笑
あれから一年かぁ…早いもんだなぁ
などど年寄りじみた感想が湧いてきました。

建物の影

by 小川 賢二

学園町のリノベーションの現場に向かう交差点に
お気に入りの「建物の影」があります。
僕が勝手にそう呼んでいるだけなので、意味が分からないと思いますが、
下の画像みたいな状態を、そう呼んでいます。

建物同士がくっついて建っている市街地に多いのですが、
解体して今はもう無い建物の形が、隣の建物に残っている状態。
これ好き。

もう無い建物と残っている建物、どっちが先に建ったのかとか、
どうやって建てたのかとか、どうやって解体したのかとか、
色々と考え始めるとキリが無いし、なんだか歴史ロマンです。

普段見えている景色も、
ちょっと興味の角度を変えると面白いものですが、
この僕の「ベストオブ建物の影」は交差点にあるせいで、
妄想しているうちに変わった青信号に気付かず、
何度も後ろからのクラクションにビクッとしています。

五三川

by 内藤和揮

休日は養老郡の五三川にバス釣り。

この日は前日の雨で気温も下がりかつ、
物凄い爆風で、キャスティングしたルアーが、
浮き上がるほどのコンディション。
ですが、逆にバスの活性が上がって
釣れるようなことを聞いたので、
5時間、ひたすら竿をビュンビュン。
ええ、案の定この日も坊主で帰ることに・・・。

何故つれない、何がダメだったのか。
坊主で帰ってもその過程を考えるの楽しかったりします。
とは言ってもやはり、
一匹は釣りたいと思わずにはいられないので、
今週末も五三川に釣りの予定です。

ただ、所長からは釣りより彼女を釣って来いとは
言われました。

開院予告。

by 向井 一比古

鹿島町通りで進んでいる「アサヒ鍼灸接骨院」が完成間近です。
内部は、最終仕上中、外部は外構工事が進み、
開院予告の看板が設置されました。


薄い庇と板張りの壁が目に付くシンプルな建物になりました。
今後、植栽工事が進み、木々に囲まれた雰囲気になると
また違ったイメージになると思います。
今月末に竣工引渡しをさせて頂き、準備期間を経て
6月中旬に開院予定です。

PAGETOP