株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

雑想ノート

14坪の八百屋

by 渡邊 隆弘

14坪のテンポ改め、『14坪の八百屋』

JR中央線 高蔵寺駅。
改札をくぐると目の前に現れます。

こちら、14坪の八百屋が12/20(木)にオープンします。
2年間の期限付きですが、岐阜駅店に続く出店です。

14坪という限られた面積ですが、
床に、フローリングを張り
壁と天井の一部には、アクセントとなる
ヒノキの化粧板(不燃仕様)をもちいました。
清潔感のある品の良い内装です。

クライアントの青果へのこだわりを広く知っていただくことで
にぎわい、親しみのある八百屋さんとなることでしょう。

太鼓

by 戸野部雅也

高校時代は、太鼓部に所属していた私。
卒業以来、久しくバチには触れていませんでしたが
OBの先輩から声がかかり、太鼓サークルに参加してきました。

数年ぶりに顔を合わせた面々。
青春時代を思い出しながら、バチを握りしめ
思いっきり太鼓を打ち鳴らしました。
久々に息が切れるほど、激しい運動をしました。

青春を共にした同級生と再び流す汗。
こよなく愛する太鼓。
なにより、運動不足を解消するいい機会です。
これからも、続けて太鼓サークルに顔を出そうと思っています。

日常に変化を取り入れるいい再会になりました。
(翌日筋肉痛になったのは言うまでもなし...)

整理整頓

by 小川 賢二


年末が近づくこの時期の恒例の光景。
事務所内の整理整頓が、空いた時間に徐々に進んでいます。
使われないであろう古いカタログを捨て、本棚を拭き、
必要な物はサイズや種類を揃えてピシッと並べる。

整理とは、乱れた状態を整えたり、不要な物を取り除くこと。
整頓とは正しい位置に片付けること。

数日後に、なぜあのカタログを捨ててしまったのか、と
後悔するのも含めて年末年始のルーティーンです。

住宅設計に於いては、この整理整頓を考慮する事が、とても大事です。
押入れや納戸に詰め込んでおけ、なんてのは前時代的。
どこに何をどれだけ仕舞うか、僕らもクライアントも一生懸命、
想像力を働かせます。
設計打合せの、大半はこの作業かもしれません。
それくらい大事。

しかし、日々の業務でそんな事を行っているのにも関わらず、
僕の身の回りは何故に。
仕事中のデスクの上、引出しの中、カバンの中、車の中、
未だに催促をされ続ける、実家の自室のゴミの山。

そもそも整理整頓の意義は、物や情報を整える事で、
次の作業や行動をスムースに進める事。
それに加えて、整然とした環境に身を置く事で、
自分の心を整える事かもしれません。

「人生の半分は整理整頓である。」

ドイツの諺だそうです。
整理整頓をしっかりすれば、残りの半分は楽しめる、的な。
準備が大事、みたいな事でしょうか。

自分の為に正しく整理整頓できる、そんな人になりたいと思う師走。
一方で、整理整頓なくして、うまいこと人生の過半数以上を
楽しめたらな、とも思ってしまう昼休み。

きっとまだ当分、うまく片付けられない。

ベストショット

by 内藤和揮

諸般の事情があり、二日連続のblogです。

冬と言えば、私の場合はスノーボードです。

昨シーズンのベストショット。雪煙を上げながらの
ジャンプシーン、しかも逆光でカッコイイ写真です。
顔が見えないもの幸いかもです。

既に今シーズンは、ブーツ、ボードのチューニングも
バッチリで、雪が降るのを心待ちにしています。
今年の年末年始の休暇は、10連休になるので
昨シーズンを上回るベストショットを決めたいと
思っています。

ローコスト二世帯への挑戦

by 内藤和揮

二世帯住宅と聞くと、核家族構成とは違い
住む人が多いイメージ。
それに伴って面積が増え
コストも上がってしまう傾向にあります。

今回、そこを何とかコンパクトにまとめ
ローコスト二世帯住宅を建てたいとのご依頼を頂きました。

ローコスト実現の為に
面積を極力抑える、総2階建てで無駄なく
工期が短くなる建材の選択等々。
考え付く手段は全て採用です。

その結果、床面積は36坪、シンプルに拘り
小さくても、狭くても、心地いい住宅を
提案させて頂く予定です。

PAGETOP