株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

中庭のある平屋

竣工

by 渡邊 隆弘

令和2年2月22日のゾロ目の大安吉日
「中庭のある平屋」の引渡しをさせて頂きました。

見積り上りからの金額調整では、クライアントに
お値打ちなタイルやユニットバスを直に購入してもらったり

シューズクロークやクローゼットの
収納ユニットをIKEAで手配してもらったり...等など
色々な手法でコストをダウンし、工事着手。

工事期間中、ご迷惑やご協力いただくシーンが
度々ありましたが、クライアントのセンスと
遊び心が光る住宅になりました。

私自身とても多くを学んだ現場でもあります。
生活がスタートし、彩り豊かなインテリアとなるのが予想され
どのように使っていただけるかとても楽しみです。

<総タイル張りのリビングと携わった方々の面々>

約6カ月の工事期間。
計画からですと、1年もの間。
クライアント、携わって頂いた皆さま、ありがとうございました。
そして、これからも宜しくお願いします。

シンボルツリー

by 渡邊 隆弘

クライアントと植栽の位置決めに行ってきました。

「中庭のある平屋」では、大きくゾーン分けをすると
 ①エントランス、駐車スペース廻り
 ②玄関坪庭
 ③中庭
この3つのゾーンに分かれます。

それらのゾーンに、オリーブ、モミジ、アオダモ
それぞれ特徴のある、お気に入りの樹木を植えます。

今までは、無機質な印象だったファサードも
植栽を植えることで、グッと引き立ちますね~。
まだ、幼い印象の木々もおよそ3年後には
根付き、また違った印象を与えることでしょう。

完了検査 ~その2~

by 渡邊 隆弘

先週末行った、室内完了検査と
本日の外構、外周の完了検査。
2週にわたり、クライアントと設計事務所による
仕上、設備関係の性能確認を行いました。

全体的にはキレイに仕上がっているものの
工事終盤には、多くの業者さんが出入りする為
触ったり、こすったりするのでしょう。
汚れや、キズが少々目立ちました。

また、建具と壁に戸当りを設置したり
吐水口から出る水量の調整を行ったりと
生活を想定した目線で、隅々まで確認します。

45ヶ所の指摘項目を是正し
ベストな状態としていきます。

8月から着手した工事も残りあと一週間んで
引渡しの日を向かえます。

完了検査 ~その1~

by 渡邊 隆弘

2月3日(月)は節分。
節目を分けるという意味でも丁度良い日に
指定機関による完了検査を行いました。

申請図書の通りに、出来ているか?
建築基準法に適合しているか?
主に仕上り具合ではなく、法令遵守の観点での
確認検査です。

今回の検査は問題なくパス。
今週から、2回目の検査である設計事務所の検査
クライアントの検査と検査工程が続きます。

より厳しい目で仕上、性能の検査となるので
現場監督さんも気が抜けないことでしょう。

タイル その2

by 渡邊 隆弘

先回に引き続いてのタイルネタです。
張り方を吟味した後は、柄を選別しながら張っていきます。

壁や柱に合わせてタイルをカット
目地を通しながら施工していきます。

こちらは、タイルをカットしているところ。
600角の大判サイズをカットするために
新規購入されたようです。
タイル表面と同じく、ピカピカでレーザー機能付。

使い込まれた道具もかっこいいですが
最新機もカッコイイ。

PAGETOP