岐阜で住宅・店舗設計やリフォーム・リノベーションなら向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

公園前のリノベーション

断熱工事。

by 向井 一比古

リノベーションの大きな目的の一つが、断熱性能の向上。
既設断熱は、コンクリート躯体と内装仕上げの間に
グラスウールが入っている仕様でしたが
今回のリノベでは、外気に面するコンクリート面に
現場発泡ウレタンt30を吹き、断熱性能向上を図ります。

木造の発泡ウレタンは、ベージュが多いですが
鉄筋コンクリート用は、ピンク色です。
正式には「硬質ウレタンフォーム A種1H」
これで、夏涼しく、冬暖かい住宅環境をゲットです。

静かな現場。

by 向井 一比古

外出ついでに現場に寄ると
「本日休工」って感じで誰もおらず
静かな現場をひと廻りしました。

写真は、水廻り床下の配管。
給水、給湯、床暖の往復配管等で
カラフルな配管だらけの状態です。

今週末から大工さんが入り、床下地作りが始まり
現場の活気が戻ると思いますが、静かな現場視察でした。

痕跡。

by 向井 一比古

28年前、建築当時の現場監督さんを想像する手掛かりが
所々にあるのもリノベーションならではの光景です。

躯体に描かれた逃げ墨。
通り芯から30センチ逃げた位置を示している線です。
「三00ヨリ」と漢数字&カタカナで書かれてるので
ベテランの監督さんだったと推測します。

我々の仕事も再度リノベーションされ
仕事具合、掃除具合等を後世にお披露目する事もあるので
しっかり恥じない仕事をと現場のみんなで申し合わせました。

住みながら。

by 向井 一比古

写真、左側は、解体工事が進み、壁の骨組みである柱が見え
右側の壁の向こうは、クライアントご家族が暮らす空間で
この壁が境界になっています。

住みながらの工事進行で、クライアント、現場関係者
お互いに気を使いますが
毎日、現場の進み具合を感じて頂けるし
毎日、顔を合わすとお互いの距離感も近くなるかなと
思っています。

定例会議。

by 向井 一比古

先週末、第一回定例会議がありました。

以前リビングだった場所に、テーブル、椅子を設置し
定例会議スタート。
主な議題は、工事進捗状況、屋根材の色検討、断熱材問題等を
協議させて頂き、奥様のお心使いで、コーヒーをご馳走になりながら
平和な第一回の定例会議でした。

PAGETOP