株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

きさらぎ町のリノベーション

若返り。

by 向井 一比古

築70年なんで、古希を迎えていたファサードが若返りました。

瓦屋根から耐震性、耐久性の向上を計る為に軽いガルバリュウムに変更
軒先を無くしスッキリしたデザインに変更
ブロック塀を打ち放しコンクリート壁に変更して、道路からすぐ玄関を解消。

骨組みを活かしながら、補強して
喜寿のおじいちゃんから、三十路くらいまで若くなったかな。

新旧リビング。

by 向井 一比古

昨日、打合せの帰りに日曜の現場に立ち寄りました。
工期が遅れ気味なので、もしかして誰かいるかもと
期待しましたが、しっかり日曜日で静かな現場でした。

写真は、新旧の同じアングル。
正面のブルーシート部分は、打放しコンクリートの壁が見える予定。
昭和のリビングから、現代のリビングへ大きく変わると思います。

雄姿。

by 向井 一比古

リビングと玄関の間の壁は、上の方だけガラス貼りになり
70年前の柱、梁が十字型に見え、天井が一面で見えるインテリアになります。

写真右には、高い位置に窓があり、その光をリビング、玄関両方に
入れながら、ガラス効果で天井つながって見える事で
リビング、玄関を広く感じます。

築70年、柱も梁もその雄姿を見てもらいたいと思ってるはずです。

定例会議。

by 向井 一比古

定例会議は、現場集合後、近くのコメダで開催。

コーヒーを頂きながら、工程説明、仕上関係、コンセントのレイアウト等を
検討、時折雑談で話が反れながらの定例です。

こうして、定例会議で毎週お伺いするコメダ、スタバとは違う気軽さで
居心地が良く、ついつい長居になってしまいます。
今週末もコメダ定例開催です。

進捗状況。

by 向井 一比古

左が実写、右がグラフィックです。
少しアングルが違いますが、外観もカタチになって来ました。
内部は、断熱材の吹付が終り、天井下地が組まれ
これから、床フローリングが貼られるところです。

現場変更のお蔭様で、天井高さが上がり、ハイサイドの窓から
光が差し込むダイニングになりました。良かったよかったです。

PAGETOP