岐阜で住宅・店舗設計やリフォーム・リノベーションなら向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

萱場南の家

断熱材

by 渡邊 隆弘

朝晩の冷え込みが厳しくなってきたこの頃。
ナイスなタイミングで、断熱工事が完了しました。

断熱材の施工で重要なのが、隙間がなく
適切な厚さであること。

吹付断熱材の利点をいかして、サッシ廻りや材料が
交差する部分も隙間なく行きとどきます。
そして、適切な厚さであることを青いピンで確認。
よく見ると「90」と示されていて、90㎜の厚みを指します。

建物全体が、断熱材で覆われた状態です。
外壁が張られていない、サッシも無い状態ですが
断熱材の効果を肌で感じました。

ライトの色温度

by 渡邊 隆弘

上棟から約1ヶ月が経過しました。
定例会議での議題もコンセントの位置など
より生活に必要な決め事が多くなってきました。

今回の議題は、照明の色合いについてです。
電気屋さんお手製の道具を使い、ライトの色合いを
実際に見てもらいました。

左から、太陽光に近い色合いの昼白色(色温度5000K)
真ん中、中間色にあたる温白色(色温度3500K)
一番右、温かみのある色合いの電球色(色温度2700K)

明るさだけではなく、色合いもライティングの大切な要素。
インテリアだけではなく、ライトの色合いも含めて
確認しながら造っていきます。

ロフト

by 渡邊 隆弘

小屋裏を利用したロフト空間を造るとどうなるか?
高さを視覚化し、イメージがしやすい様にモックアップを
造ってもらいました。

図面だけでは分かりづらい、階段とロフトの高さ関係や
ロフトのある空間のつながりもクライアントにしっかりと
伝わったのではないかと思います。

今週行った定例会議の議題の一つであるロフト空間。
定例会議では、共通理解を深めながら、みんなが納得した
モノを造っていきます。

ヒラメキ

by 渡邊 隆弘

上棟後、クライアントと現場を見て回っていると...

寝室の上部に有効利用できそうな小屋裏スペースを確認。
ロフト空間にできそうだなぁと、ヒラメキ

現在、階段の位置や天井高さの検討をふまえ
ロフト計画の変更案を進めています。

寝るだけのような部屋から一変。
南からの採光窓も取り入れ、贅沢な寝室になりそうです。

扇垂木

by 渡邊 隆弘

建て方直後しか見れない架構美の一つである
規則正しく整列する垂木。
色々な工法があるのですが、私共はその中でも
扇状に垂木を出しています。

勾配を測るのがとても難しく、手間がかかるため
施工サイドとしては難儀な仕事なのですが
軒の出を深く出したい場合には、不可欠な伝統的な工法です。
(「扇垂木」で検索すると、寺社仏閣の画像が多数出てきますよ。)

「萱場南の家」は、軒の出が1.2mある、軒の深いデザインです。

プレカットなど作業を効率を上げる技術と扇垂木のような手作業を
上手く取り入れながら意匠性も高く、強固な建築を造っていきます。

PAGETOP