株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

川辺の家

構造の計画

by 渡邊 隆弘

実施設計に入り、使い勝手のようなソフト面の設計と並行して
構造的なハード面の設計を行っています。

木造の梁等の部材の大きさだけをとってみれば、計算すれば
必要寸法が算出されますので、そうは難しくはないですし、
一般的なメーカーさんのような規格化された建物や他事務所では
プレカットメーカーによるところが多いのではないかと推測されます。

しかし我々は、デザイン性だけではなく、構造面でも検討を重ね
架構の仕方や仕口の納まりに至るまで拘っています。
それは、弊社会長の強い意志であり、事務所のポリシーであったり、
強みでもある部分です。

私の手ではないですよ。
年季の入った会長の力強い手で、
私のスケッチに重ねられていく技術と手法。

もはや、何の事だか???な絵でも
確実に強く、強固な骨組みをなす道しるべとなります。

現場調査

by 渡邊 隆弘

川辺町の家の計画は若世帯が暮らす計画建物と、
お父様が居住することになる、木造平屋建ての離れのリフォーム計画の
2本立てになります。
今回の現場調査は後者の計画のためのもの。

建設当時の図面はあるのですが、現況と少し違っていたり、
室内の高さ関係を調べたりと、ひたすら実測してきました。
そして、現場調査中に目を引いたのが...

8帖間の和室。
床の間の脇に障子窓があったりと
家主のこだわりが感じられるものでした。

和室の造りは真行草と分けられるように、
色々な趣のある造りがあります。
和室と言っても全て同じではないんですよね~。
そんな違いや趣向を見るのは非常に楽しいです。

現場調査 の前に...

by 渡邊 隆弘

本当に梅雨なのか?というくらい爽やかな本日。
絶好の現地調査日和ということで、川辺の家の
現場調査へ行ってきました...っとその前に...

だいぶ余裕を見て、家を出たため予定よりも早く現地周辺へ到着。
近くに清流飛騨川が流れ、「ボート王国かわべ」という情報をゲットしていたため、
現場近くの漕艇場周辺を散策(寄道)してきました。

水面がすぐそこ。
弊社近くの長良川とはまた違った風景を感じ、リフレッシュです。
少し小旅行気分を味わいました。
さて、気分も上がり丁度良い時間となったので、いざ現場へ。

それでは、次回は現場調査の話です。

打合せを重ねる

by 渡邊 隆弘

本日、実施設計に入り2回目の打合せをさせて頂きました。
飛入りゲストで、ご子息の相棒の恐竜くんも参加です。
(ご主人の指先と、恐竜くんの手がシンクロしているのは偶然!)

打合せ前に、収納に関する考えを検討していただき、
それを盛り込んだ図面で一つ一つ確認をしていきます。

そして、参考事例やカタログ等でイメージを膨らませ
クライアントの生活、性格にマッチした収納を決めていきます。

キッチン廻りの収納や、クローゼットの棚の構成など、
外観だけではなく、収納なども打合せを重ね
オンリーワンのモノづくりをしています。

検討を重ねる パートⅡ

by 渡邊 隆弘

基本計画から実施設計へ進むことで、
大きく変わるのが図面が細かくなること。
そして、平面図だけではなくて、図面の種類が増えていき...

特に、入念に打合せをさせていただくのが展開図という図面です。
他の現場ブログでも頻繁に出てくるヤツです。

平面図にて各諸室との繋がりを図りながら、
展開図にて収納するモノ、物量を量っていきます。
十数年設計業務に携わっていますが、各ご家庭で収納に対する
考え方、習慣が全然違うので、打合せをしていても面白いところですね~。

ココに時間を費やし、疎かにしないことが住んでみてから後悔しないための
ポイントではないかと思います。

PAGETOP