現場ブログ

ほぼ毎日更新してます!

池田のリノベーション

次へ

by 小川 賢二

16060101
既設建物の手描き図面です。
日付の欄には昭和54年とあります。
昭和52年に生まれた僕には、手描きでの作図経験はありません。

とても気が遠くなる様な密度で描かれた図面通り、
37年経った既設の建物は、本当にしっかりとしていて、
使う材料の進歩や、工法の違いはあれど
学ぶべき事の多い建物でした。

そんな建物の一部を壊し、造り替えることに
同じ設計者として、少し気が引ける想いもありました。
それでも、現代の住み方に合わせて、より良い生活を実現する為にと
知恵を絞って、このプロジェクトに取り組みました。

見てくれの結果は、満足できる物となりました。
使いやすく、カッコよくなった、と胸を張れる場面も多くあります。

あとは、同じように年月を重ねた時。
僕がまだ設計士をやっていたら、
息子さんからリフォームの相談をして頂けたらな。

新しく建てるのも、それは素晴らしいです。
でも、使える物や、繋げたい想いがあるなら。
リフォーム楽しいですよ。

是非。

浴室

by 小川 賢二

16052601
浴室は、リフォームの前も、タイル貼の床と壁。
流行りがあるのでなんとも言えませんが、
ちょっと時代を感じてしまうタイルの柄でした。

16052602
リフォーム後はこちら。
同じく壁にはタイル、床には十和田石という
肌触りの優しい、浴室に適した天然石を貼りました。
滑りにくく乾きやすいので良く使う材料です。

また、浴室をタテヨコ共に30センチほど広げたので、
浴槽も大きくなり、洗い場も広くなりました。

当然、シャワーヘッドなどの金物も新品になって、
新築との違いは、ほぼありません。

リフォームって、想像以上に何でもできてしまうのです。

外部

by 小川 賢二

家族構成の変化に伴う間取りの変更や、
キッチンをはじめとした設備機器の刷新等と並んで、
クライアントが今回のリフォームを決意された要因の1つだと思われるのが
外壁や屋根の修繕です。
16051601
写真は2階にあるバルコニーですが、建物の北側に位置していることもあり
湿気も多かったのでしょうか、外壁の汚れが目立ちました。
また床のモルタルにも劣化がみられ、防水的な観点からすると寿命も近そう。
漏水の危険性は否定できませんでした。
16051602
という事で、外壁は全て洗浄を行い、割れや欠けのある箇所は補修し、
保護膜の強い塗料で塗り替えを行いました。
床も同じ様に補修をした後、防水工事を行いました。

今回は鉄筋コンクリート造ですが、木造でも鉄骨でも同じ様に
年月を経ることで建物にダメージが蓄積されます。

どの建物もいつかはこうしたメンテナンスが必要になりますが、
しっかりと手を加えていけば、長く使い続けることができるんです。

作って、壊して、また作って、というだけが建築ではありません。

キッチン

by 小川 賢二

キッチンも造り替えました。
ちょっとこの画像は解体中でいかにも散らかり過ぎなので
クライアントに怒られそうですがw
16051101
以前はLDとの繋がりが薄くて、コンロもシンクも壁に面していた為
料理をする部屋という印象が強いかと思います。
16051102
シンクをアイランド型に変更して、リビングを向きながら
家事を行う事ができるようになりました。
LDとの境の壁がなくなって、明るくもなりました。

写真を見て気づきましたが、以前のシステムキッチンは、
腰から下の収納について、開き扉が多いように思います。
今回もそうですが、家具工事でキッチンを造らせて頂くと、
収納の仕方も自由自在。
収納は全て、使いやすい引き出し収納にしました。
レンジやトースターなどの機器も、家具内に収納してスッキリです。

LDK

by 小川 賢二

こちらも随分と変わりました。
16050601
奥に見えている壁を無くして、オープンなキッチンに。
「LD」だった部屋が「LDK」になりました。
16050602
このゾーンは生活する上で、どうしても物が増えて行きますので、
TVボードや、キッチンのカウンターを製作家具で造り
収納を確保しています。
また、この部屋に限った事ではありませんが、
照明器具のデザインに、時代を感じることが多くありました。
天井に付いていた大きな照明器具を、ダウンライトに変更すると同時に、
間接照明でスッキリと室内を明るくすることで、
部屋も広く見える気がします。

お問合わせ

建築 設計に関する質問・ご相談、オープンハウス・参考資料をご希望の方は、お気軽にお問合せください。

お問合わせメールフォーム
お電話でも受付けております。058-232-2903

PAGETOP