株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

BLOG

一宮北方町のリノベーション

リノベーション開始?

by 渡邊 隆弘

見積開封から、2週間ほど経過しましたが、
ついに施工業者さんが決定しました。
いよいよ現場がスタートします。

とっ!その前に。
クライアントにとって最大の試練が待ち構えています。

そうです。いらないモノ、必要なものの整理。
実は、この作業が一番高いハードルだったりします。

また、工事に差し掛かってからも...
住みながらのリノベーションのため、
1階の工事中は、2階へ避難。
炊事や入浴は外で済ませなければならなかったりと
非常に不便な状況が続きます。
最低限の生活が遅れるように仮設を準備し、
工程調整を綿密に行い、いつも以上に短期集中した
リノベーションを行います。

いち早い竣工を目指すものの、
まずは、片付けが整い、いつ頃からスタートできるのか
クライアントとの相談からですかね...

設計事務所の仕事

by 渡邊 隆弘

良く見かける建物の外観。
一宮北方町の家の現況にもその様子が見られます...
否応なく、外壁を横断し露出する配管。
今回のような電気を送る為の配管であったり、
代表的なケースが、エアコンの配管が垂れ下がったりしている等々。
時には、新築の建物でさえ目にすることもあります。

スッキリ、シンプルな外観にするには、
断然無い方が良いに決まってますよね。

デザインに限らず、こういった設備配管、施工方法にも気を配り、
トータルにコーディネートするのが私たち
設計事務所の仕事であり、役割ではないかと思います。

ナンテンと番犬

by 渡邊 隆弘

一宮北方町の家の四つ角には、ナンテンが植わっています。
ナンテンは、「難を転じて福となす」ということわざに由来するのか
どうかはわかりませんが、難転という語呂合わせで、縁起が良い木とされています。
また、厄災を退ける力があるなんて言われています。
しかも、花言葉は「良い家庭」
そして、「私の愛は増すばかり」だそうです。
(ちょっと恥ずかしくなってしまいます。)

そんな花言葉を象徴するような、ご家族。
より良い生活を送るための今回のリノベーション。
昨日、その見積りが開封されました。(長い前置きですみません。)
予想よりも高めな金額...。

次なる一手としましては、建設業者一社ではなく、
電気や家具工事などの分離発注という手段を使いながら
基本スペックを保ちつつ金額を調整していきます。

金額調整の間は、クライアントには心労が掛かることと思いますが、
木の下でジッと佇み、家を見守る番犬のごとく耐え忍んでいただき、
ナンテンの力を借りつつ、リノベーションを成功させましょう。

雨に濡れない動線

by 渡邊 隆弘

一宮北方町の家は道路に沿って
屋根付きガレージがあり、雨に濡れずに
車から降りることが出来ます。
しかし、一旦、雨に濡れて家の中へ入ります。

そんな不便さを解消するために、
ガレージから日常動線へと通じる裏口に庇を架けるのも今回の
リノベーションの一つです。


北側の裏口なのであまりきれいな写真ではありませんが...
この現在、砂利となっている部分に、コンクリートが打設され、
歩きやすくなり、且つ庇が掛かります。
外廻りも、より利便性の高いモノへとしていきます。

見積中

by 渡邊 隆弘

収納が少なく困っているというご相談から
計画が始まり約2ヵ月ほど経ちました。
図面もまとまりまして、数社の建設業者さんへ
見積をお願いしました。
再来週の前半には金額がハッキリすることでしょう。

構造体はそのままで、室内はガラッと様変わりします。
お値打ちな見積が提示されることを期待して待つのみ。
この期間が一番ソワソワするかもしれません。


現在お住まいの建物からご要望が詰め込まれた
建物へリノベーション。
桜咲く時期に良いスタートが切れることを切に願います。

PAGETOP