株式会社 向井建築事務所

現場ブログ

ほぼ毎日更新してます!

小瀬の平屋

15度のズレ

by 内藤和揮

建物の顔となるコンクリートの壁は
軒先に対して、15度の角度のズレがあります。

ポーチに立つと軒先とコンクリートのラインが
クロスして、その差がよくわかります。

軒先は、下地造作の段階でレーザーを照射し通りを入念にチェック。
コンクリートの壁もエッジが利くよう、竹で突いてもらい
コンクリートが隅々までまわるように監督さんにお願いをしました。

私の中で、一番気にしていたところなので
予想通りの仕上りにとても満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGETOP