岐阜で住宅・店舗設計やリフォーム・リノベーションなら向井建築事務所

現場ブログ

ほぼ毎日更新してます!

萱場南の家

墨出し確認

by 渡邊 隆弘

建物の壁や柱といった基準を示すための基準墨を
実際の敷地に印をつけてもらいました。

ブルーのラインが、設計図をもとに示した新しく擁壁を
設置する位置です。
このラインが1/1のスケールになることで、周辺状況との
関係がより分かりやすくなりました。

残すマキの木の位置と撤去する既設の擁壁との取り合いを考えて
40㎝位置を移動することに。

現場監理のモットーの一つ。
クライアントのみならず、現場関係者のみんなが
理解し、納得してから実行する。
そのための大切な墨出し確認でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGETOP