岐阜で住宅・店舗設計やリフォーム・リノベーションなら向井建築事務所

現場ブログ

ほぼ毎日更新してます!

萱場南の家

基礎配筋

by 渡邊 隆弘

ベタ基礎の配筋がほぼ完了し、配筋検査を行いました。
この検査も、施工者の自社検査と、住宅瑕疵保険機構の検査
工事監理者による検査と3つの目が光ります。

整然と組まれた網目状の配筋は、160㎡もあると迫力があり
キレイで気持ちが良いものです。

基本的にキレイに見える部分は問題なく、コーナーや鉄筋の継手
設備の配管が貫通する部分に問題が隠されていることが多いです。
適材適所に補強筋が入れられているのを確認し配筋検査完了。

彼是、5度目のコンクリート打設へと進みます。


もし、13㎜の網目状の鉄筋を歩くことがあったら注意してください。
上下に組まれた上部の鉄筋を歩かないと、職人さんに叱られますので。
(鉄筋を結束している番線が切れてしまいます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGETOP